事例

介護事業所 H社

介護事業所 H社

運用できないと考えていましたが、必要なツールは全て提供してもらえました!

職員毎に目標を設定しそれに合わせて新たに資料を作り直すのは時間もなく、取得できないと考えてました…

課題「自社では運用できないと諦めていた」

特定事業所加算取得の為、要件の整理から始め、「研修」「会議」「留意事項の伝達・報告」の3つを準備しなければならないと分かりました。

研修はやっているが一度作った資料の使い回しがほとんどで、職員毎に目標を設定しそれに合わせて新たに資料を作り直すのは時間もないし、社協や地域の無料研修を探す時間もなく1つ目の研修で既に諦めてしまいました。

 

解決「必要なツールは全て提供」

プロサポ!のパッケージは特定事業所加算を取得するのに必要なツールは全て提供して頂けるので自分たちで考える必要もなく、さらには弊社がいつ何をすれば良いかなど、細かい運用方法まで提案頂けました。

例えば「研修」では、職員毎の目標設定、それに合わせた研修カリキュラム、研修受講後のレポートと使用するものが全て準備してもらえ、受講スケジュールもあわせて組んで頂けます。毎月の定例ミーティングでは次月の受講者を教えて頂けるので予めシフトに組むことも出来、こちらは決められた通りにするだけなので、準備に要する時間と労力が大幅に削減できました。