事例

介護事業所 O社

介護事業所 O社

完璧だと思っていた運用に穴が…運用代行で解決しました!

「留意事項の伝達・報告」はLINEを使いしっかりやっていたつもりでした…

悩み「運用に問題があり、変換しないといけなくなった」

「留意事項の伝達・報告」はLINEを使いしっかりやっていたつもりでした。

実地指導の際には、サービス実績に照らし合わせ留意事項の伝達・報告があるかを見られましたが、ヘルパーからの報告漏れが散見され、報告もどのサービスのものか分からないものもあり記録が不十分と指摘されてしまいました。

その時は利用者様やヘルパーの状態も頭に入っているので何も感じなかったのですが、いざ振り返って見ると分からないものもあり、LINEの運用に限界を感じました。

 

解決「運用を代行してもらうことで漏れがなくなりました!」

そこでプロサポ!のサービスを活用し「留意事項の伝達・報告」の漏れもチェックを頂いておりますが、完璧と思っていたのに、毎週数件は不備の指摘をもらいます。

通常業務の合間を使ってここまで細かく見ることは出来ないので、時間を掛けずに適正運用が出来て感謝しています。