ブログ

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)~障害サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の支給~

こんにちは、プロサポニュース部です!

本日は、6月から業界を賑わせている支援新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金の障害者総合支援法分についてご紹介をしていきます!

【新型コロナ感染症緊急包括支援事業実施要綱】とは

令和2年6月25日に厚生労働省が【新型コロナ感染症緊急包括支援事業実施要綱】を発表しました。

 

この事業は、障害福祉サービス等は、障害児者やその家族の生活を支えるために必要不可欠なものであることから、最大限の感染症対策を継続的に行い、必要なサービスを提供するために必要な物資を確保するとともに、感染症対策を徹底しつつ障害福祉サービス等を再開・継続的に提供するための支援を国が行うことを目的に実施される事業です。

 

また、本事業の実施主体は都道府県とされており、申請に対して支払うか否かを決定するのは都道府県ということになります。

 

この事業で行われる支援には、以下3つの助成金に分類されます。

 

【3つの助成金】

①感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の支給

②障害サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の支給

③従事者への慰労金支給

 

本日は、②障害サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の支給について詳細をご紹介していきます!

障害サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の支給

 

この事業は、更に以下の2つに分類されます。

 

ⅰ:相談支援事業所、在宅サービス事業所による利用者への再開支援への助成

対象事業所:令和2年4月1日以降にサービス利用休止中の利用者へ利用再開のための

支援を行った相談支援事業所、住宅サービス事業所

上限額: 1利用者当たり 1,500円~2,500円

ⅱ:在宅サービス事業所における環境整備への助成

対象事業所:令和2年4月1日以降に感染防止のための環境整備を行った相談支援事業所、

住宅サービス事業所

上限額:1事業所20万円

在宅サービス事業所における環境整備への助成

この事業の目的は、「3つの密」(「換気が悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」及び「間近で会話や発声をする密接場面」)を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に係る費用を助成するということです。

 

【対象経費】

・ タブレット等のICT機器の購入又はリース費用

・ 長机、飛沫防止パネルの購入費

・ 換気設備の購入及び設置に要する経費

・ 電動自転車等の購入又はリース費用

・ 感染防止のための内装改修費

 

 

【プロサポ!助成金使用例】

私たちの実施しているサービスは、事務作業のアウトソーシングです。

 

対面せずに申し送りを行うシステムや、研修をE-ラーニングで行うシステムを併用し、3つの密を避け、感染リスクを限りなく少なく今までと同等、またはそれ以上の連携が可能になります。

◇実際に導入された法人様の事例◇

 

居宅介護、重度訪問介護、同行援護においては、『①感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の助成金』と、

『②介護サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の助成金』は、両方の申請が可能です。

 

例えば、居宅介護、重度訪問介護、同行援護の3事業を併設している場合は、

①感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の助成金で368,000円

②介護サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の助成金で200,000円~600,000円

 

合計で568,000円~の助成金の支援を受ける事が可能という事です。

 

※②介護サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の助成金は、1つの事業所で複数のサービスの指定を受けている事業所については、どれか1つの単価しか適用しないとしている都道府県があります。(各サービスの単価合計ではありません。)

 

また、同様の助成金は介護保険でも申請が可能になっていますので、こちらも併せて申請を行えば、助成金の支援はさらに増額します。

 

【介護分】

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金

【障害分】

感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の支給

まとめ

 

今回の新型コロナウイルスの流行を受け、環境整備とコストダウン、収益アップのために弊社へお申し込み頂いている法人様の中では、以下の様に申請をあげている法人様もいらっしゃいます。

 

アウトソーシング費用を『①感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の助成金』にて申請

 

アウトソーシング以外を『②介護サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等にかかる経費の助成金』にて申請

 

※『①感染症対策を徹底した上で介護サービスを提供するために必要な経費の助成金』で申請上限額からアウトソーシング代金を引き、余った分で消毒液や空気清浄機などの物品購入のために使用した経費を申請する等

※最終的に経費が助成金で認められるかは都道府県の判断となる

※同じ費用を複数の事業で申請することはできない

 

都道府県の中でも3密を避け、感染のリスクを下げるためにアウトソーシングを導入するということが、今回の新型コロナウイルスの流行を受け、スタンダードな姿になってきました。

 

 

  • 参照元:新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害福祉サービス等分)の

実施についてhttps://www.mhlw.go.jp/content/000643974.pdf

 

弊社のサービスは、継続的に安定した運営を行うための売上、収益確保の施策と、コストダウンを組み合わせて提供するものです。

 

新型コロナウイルスとの戦いは、まだまだ継続する見込みであり、3密を避ける環境整備も行いながら、令和3年の報酬改定を迎えることとなります。

 

不用意な接触や3密を避けるためのアウトソーシング導入やICT機器の導入が事業の助成対象である今、ぜひ皆様のお役に立てたらと考えています!

 

皆様のご相談を心よりお待ちしております!

〇加算取得できるかどうかチェックしたい方はこちら

加算獲得チェックシート(特定事業所加算 未取得の方向け)

https://pro-sup.com/documents/274/

 

〇実地指導準備をしたい方はこちら

返還診断チェックシート(特定事業所加算 取得済みの方向け)

https://pro-sup.com/documents/402/

 

皆様のご相談を心よりお待ちしております!

〇加算取得できるかどうかチェックしたい方はこちら
加算獲得チェックシート(特定事業所加算 未取得の方向け)

〇実地指導準備をしたい方はこちら
返還診断チェックシート(特定事業所加算 取得済みの