ブログ

2020年9月30日公開

【令和3年 介護報酬改定】デジタル化とは?今から準備すべきこと

こんにちは、プロサポニュース部です!

本日は、次期報酬改定に向けて議論されている中でよく出て来る【介護現場のデジタル化】についてポイントをご紹介していきます!

デジタル改革が介護に与える影響

9月23日にデジタル改革関係閣僚会議という会議が開催されました。

◇デジタル改革関係閣僚会議

 

菅首相は席上、新たな「デジタル庁」を創設するための法案を来年の通常国会へ提出する方針を表明し、国と自治体のシステムの統一化・標準化、行政手続きのオンライン化、各種給付の迅速化などを実現したい考えを示しました。

 

介護分野でも現在、サービス担当者会議やモニタリング、多職種連携などのビデオ会議での実施を認める特例がありますが、官邸が大きな方向性を示したことで、来年4月の改定で厚生労働省が思い切った手を打つ可能性が高くなります。

 

実際、25日に公表した来年度予算の概算要求には年末にかけて十分なシステム開発費の確保を図るという方針を打ち出しており、居宅介護支援事業所からのケアプランの交付、介護サービス事業所からの実績の報告などのシステム開発を図り、早ければ2022年度から運用を開始したいということで審議が進んでいます。

報酬改定に向けて話し合われているデジタル化

①業務効率化

人材不足が深刻である中、新型コロナウイルスの世界的流行を受け、介護業界では更なる人員不足に陥る状況となっています。

このような中、災害対策等が次期報酬改定に盛り込まれる見通しとなっており、業務効率化は大きなキーワードになっています。

◇【令和3年度 介護報酬改定】管理者・サービス提供責任者の業務効率化

 

②情報公表制度システム改修

昨年度に取りまとめられている令和2年度概算要求額で、介護保険に係る申請手続のオンライン化を実施し、その利用を推進していくに当たって保険者のシステム改修等を支援するという方針を打ち出していました。

 

今回、施設・事業所の新規指定の手続きにも対応させるべく、情報公表システムを更に拡充する計画で、将来的には介護報酬の請求に関する書類のWeb入力、電子申請の実現も目指していくとしています。

◇令和2年度予算(案)の概要(老健局)

 

③コロナ禍のICT特例、恒久化検討

新型コロナウイルスの流行を踏まえた介護事業所の運営基準などの臨時的な特例のうち、ICTの活用促進につながるものの恒久化を本格的に検討していくとしています。

◇第184回社会保障審議会介護給付費分科会(web会議)資料

 

サービス担当者会議、各種加算の算定要件となっている多職種会議、ケアマネジャーのモニタリングなどについて、例えばWeb会議ツールのみの運用を平時から認めるか否かに注目が集まっており、「ICTを活用すれば必ずしも集まらなくてよいのではないか」という意見が活発に出ています。

 

上記は1例ですが、次期報酬改定では大きくポイントになることにデジタル化・IT化があることに間違いありません。

まとめ

8月19日に法改正に向けてまとめられた議論の論点は、訪問介護は、有効求人倍率が高い・人手不足感が強い状況にあることを踏まえ、以下の通りとされました。

〇 訪問介護員等の処遇改善に向けた取組をより一層推進する観点

〇 対面以外の手段をできる限り活用することも含め、業務の効率化を図る観点

 

管理者とサービス提供責任者は、省令に定められた業務をこなすとともに、人材不足により自らが介護サービス提供を実施しているのが現実です。

 

これら介護業界に迫る報酬改定の中で、対面しない会議の実施や、オンライン研修、事務作業のアウトソーシング等の業務効率化の動きが加速しています。

 

【次期報酬改定に向けて業務効率化を検討したい方はこちらから】

【運用代行】加算獲得による収益シミュレーションシート

【特定事業所加算】加算取得入門をダウンロード

【特定事業所加算】取得可否チェックシートのダウンロードはこちら

 

新型コロナウイルスの終息が見えない中、介護報酬改定がせまってきています!

皆様のご相談を心よりお待ちしております!

 

単価を上げる施策を今から実施しなければ、厳しい報酬改定になることが明確になって来ました!

特定事業所加算の取得と運用サポート、事務作業の共同化をサポートし、皆さんが介護に集中できる環境を作るお手伝いをさせてください!

 

皆様のご相談を心よりお待ちしております!

 

〇加算取得できるかどうかチェックしたい方はこちら
加算獲得チェックシート(特定事業所加算 未取得の方向け)

〇実地指導準備をしたい方はこちら
返還診断チェックシート(特定事業所加算 取得済みの